ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ITmedia Mobile » iPhone Xを1週間使って感じたこと

iPhone Xを1週間使って感じたこと

 11月3日に「iPhone X」が発売されたばかりとあって、編集部や業界内ではiPhone Xの話題で持ちきりです。私も予約開始の10月27日16時1分ジャストにキャリアで申し込み、無事に11月3日にゲットできました……と言いたいところなのですが、3日は都合により受け取れず、4日に受け取りました。
 それまでは「iPhone 7 Plus」を使っていました。7 PlusからXに乗り換えて、1週間ほど使った感想をまとめたいと思います。
・片手で操作がしやすく
 画面サイズが5.5型から5.8型に大きくなりましたが、iPhone Xは狭額縁設計によってベゼルがほぼなく、幅はiPhone 7 Plusの77.9mmから70.9mmに小さくなりました。iPhone 8や7よりも少し大きい程度で、片手での操作もしやすくなりました。特に効果を感じたのが「Pokemon GO」でポケモンを捕獲するとき。7 Plusだともう片方の手を使わないと難しかったですが、Xでは持ち手の親指だけでボールを投げやすくなりました。
・ツルツル滑る
 iPhone Xの背面にはガラスが使われていて、従来のアルミよりも滑りやすくなっていると感じます。私が使っていたiPhone 7 Plusのジェットブラックはグリップ感が良く、乾燥した手でも滑りにくかったと記憶しています。iPhone Xを裸で使う際は、特に注意が必要です。
・アプリの対応を求む
 iPhone Xのディスプレイは従来よりも縦に長いため、アプリ側もこれに対応させる必要があります。対応していないと上下に黒い帯が入ってしまい、表示領域はiPhone 7 Plusの方が広くなるという逆転現象が起きます。せっかくの大画面が生かされませんし、帯があるせいで、iPhone 8や7で操作してるような感覚になります。これではAppleが訴求する「未来をその手に」とは言えないですよね。
 先に挙げたPokemon GOや、GmailやGoogleマップなど、未対応の有名アプリは多いので、今後のアップデートに期待したいところです。
・新しい操作法に慣れない部分も
 ホームボタンがなくなったことで、iPhone Xは従来機から操作方法が大きく変わりました。Face IDの顔認証はTouch IDよりスピードが遅いとはいえ、認証精度が高いので、おおむね満足しています。スワイプでホームに戻るのも快適だし、スクリーンショットもむしろXの方が撮りやすいと思います。
 唯一慣れないのが「アプリの終了」。これまでなら、最近起動したアプリのサムネイルをスワイプするとアプリを終了できましたが、iPhone Xはこのサムネイルを長押ししてからスワイプしないと終了できません。
 サムネイルを呼び出す操作も少しコツが要りますし、従来よりも操作ステップが増えてしまいます。アプリの終了は、従来と同じく“スワイプだけ”で終了できるようにしてほしいと思いました。





iPhone Xは「1年で今はできないことができるようになる」 Appleデザイン責任者が発言
iPhone Xの「Face ID」は使いやすい? 「Touch ID」と比べて分かったこと
「iPhone X」は電源オフ、スクリーンショット、強制再起動の方法も変わる
ついに発売! 「iPhone X」の“ココ”に気を付けて!
「iPhone X」カメラレビュー 進化した望遠カメラの実力を試す

記事提供元 : ITmedia Mobile

SIMPEDIA公式Twitter
ページトップへ戻る
ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ITmedia Mobile » iPhone Xを1週間使って感じたこと