ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ねとらぼ » 一体誰が? なんのために? 煮干しの写真を投稿し続ける謎インスタにTwitter民がざわつく

一体誰が? なんのために? 煮干しの写真を投稿し続ける謎インスタにTwitter民がざわつく

 煮干しが1匹だけ写っているシュールな写真を毎日投稿し続けるInstagramアカウントが謎すぎると話題になっています。その名も「niboshism」。「#にぼし」「#いりこ」「#出汁」「#にぼし図鑑」「#標本」などといったハッシュタグが付けられているほかに、特に情報はなし……。一体なんの狙いがあるのでしょうか?
 煮干し全身だけでなく頭がない煮干し、頭のみの煮干しなどさまざまな写真が投稿されています。また煮干しの向きも横から写したもの、上から写したものがあり、シンプルな構図の中にもバリエーションが見られます。
 一見とてもシュールな世界ですが、コメント欄には「娘がファンです」「ありがとうございます。今日も頑張れそうです」「元気出ました。明日も期待してます」など更新を楽しむ声も集まっており、着実にニッチなファンを増やしているようです。
 なお、基本的にはカタクチイワシの煮干しを載せていますが、「祝日だけ鯛になる」というお茶目な工夫も。鯛の写真が投稿されたことで、祝日だと気付く人も多いようです。
 その不思議さはTwitterでも話題に。めくるめく煮干しの世界に引き込まれる人が続出しています。
 アカウント運営者に「なぜ煮干しなのか」「写真に使用した煮干しはその後どうなるのか」など質問してみましたが、多くは語らず「写真をそのままお楽しみいただければ」との回答に留まりました。謎は深まるばかりだ……。





「髪に煮干し付いてますよ?」 煮干しの見た目をそのまま生かした「煮干しアクセサリー」がインパクト大
見分けつきません! 本物の煮干しの中に割り箸で作られた煮干しがいる
本物に混じってても気付かない……! 「木彫りの煮干し」が確実にだまされる完成度
煮干しを食べるのが下手な猫ちゃん 飛びついて捕まえて落としてのループがもはやいとおしい
煮干しの食べ方が丁寧すぎるハムスターあらわる 「食べる前」「食べた後」の比較に驚きの声

記事提供元 : ねとらぼ

SIMPEDIA公式Twitter
ページトップへ戻る
ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ねとらぼ » 一体誰が? なんのために? 煮干しの写真を投稿し続ける謎インスタにTwitter民がざわつく