MENU

個人売買で売る

わずかな時間でバイク買取査定額がすぐにわかります!

わずか60秒で超スピード査定依頼、平均14.5万も高く買い取ってもらえる

>>バイク買取一括査定はこちらから(無料)
訪問者10人のうち9人が利用しています。

個人売買のメリット

  • 業者に流れる中間マージン分(30%程度)が必要ない
  • マージン分はフリマアプリのプラットフォーム利用料(10%程度)と配送料くらいなので安い

業者に流れる中間マージン分(30%程度)が必要ない

個人売買のメリットとして、業者への中間マージンが無いため、その分高く取引することが可能です。

このマージン分が意外と大きいので、この部分が必要なければその分高値を付けることができます。

マージン分はフリマアプリのプラットフォーム利用料(10%程度)と配送料くらいなので安い

個人売買の場合の多くはフリマアプリが利用されています。

フリマアプリによってはプラットフォーム利用料が付きますが、業者への中間マージンに比べると20%程度安いです。

加えて配送料がかかる(交渉によっては不要)くらいです。

個人売買のデメリット

クレーム対応に追われる可能性

自身が良しとしても、相手にとっては受け入れられないポイントが出てくるかもしれません。

→後々トラブルにならないよう、事前にしっかりと話をつけておくことが重要です。

名義変更されずに犯罪に使われると所有者に責任が向く

犯罪に使われた場合は、所有者に責任があります。

相手が名義変更をしていなければ、自身がリスクを抱えたままとなってしまうので、しっかりと事前に決めておきましょう。

ある程度知識が無いと損をすることも

相手の言い値が妥当なものか判断するために、最低限、相場を知っておきましょう。

相場を知るためには、複数の業者に査定してもらい、最大値、平均額を理解しておく必要があります。

そのためにも、まずは一括査定に出しておきましょう。

個人売買は上級者向き

  • クレーム対応に追われる可能性
  • 名義変更されずに犯罪に使われると所有者に責任が向く
  • ある程度知識が無いと損をすることも

この辺りをしっかりと話を付けられる上級者には最も高値になる個人売買がおすすめです。

そうでない方は、業者を介す方が安全・安心です。

一括査定であれば様々な業者間で価格競争を起こせるので、個人売買と同等の高値が付けられる可能性があります。

下記より、わずか60秒の無料登録で複数社に一括登録が可能です。

たったこれだけで通常より1020万円変わることもザラにあります。

>>「バイク比較.com」の一括査定はこちらから

※訪問した人の10人に9人が利用しています。

まずは査定だけでもOK!すぐに査定金額が分かります

わずか60秒で超スピード査定依頼、平均14.5万も高く買い取ってもらえる

>>バイク買取一括査定はこちらから(無料)
訪問者10人のうち9人が利用しています。