MENU

Amazonで売ってるBlackviewはどこの国のスマホメーカー?危険性はある?

Amazonで売られているSIMフリースマホをよく探している僕なのですが、かなりの頻度でよく見るあまり知らない名前のメーカー「Blackview」をご存じでしょうか?

直訳しても「ブラックビュー」と出てくるだけでなのですが「黒の視界」とでも言うのでしょうか。

そんなイカした名前を持つスマートフォン「Blackview」のスペックを見ていると少し興味がわいてきたので調査してみました。

目次

Blackviewとは?どこの国のメーカー?

中国の深セン市に本社を置くメーカーのようで、会社自体は2013年に設立されたばかりでまだ8年目ということになります。

日本のAmazonや楽天市場で購入することが可能です。ヨドバシなどではまだ無かったですね。

ちなみにBlackviewのラインナップを見ると、タフネススマホがウリだそうです。

▶Blackviewの公式サイトはこちら

blackviewの危険性は?

最新と思われるA100シリーズでは技適マークも取得済みとのことで、ユーザーが利用する分には問題ありません。

また、すぐに壊れるかどうかという意味での危険性を考えると、Blackviewも中華スマホの部類ではありますが最近の中華スマホはそこまで粗悪なものはありません。

(もちろんたまたま不具合のある1台を引くって確率もあり得ますが。)

ただ性能が良いと言っても使用しているSoC(頭脳みたいなもの、処理性能がある程度決まる)自体が若干性能低いものを使っていたりするので、少し動作が鈍かったりといった影響はあるようです。

とは言え、日本メーカーのスマートフォンと比べると、コスト以上のパフォーマンスであることは確かなので、値段相応またはそれ以上だと思ってもらってOKです。

多分壊れやすさでいうと、日本のメーカーともほとんど変わらないと思います。

僕自身も様々購入していますが、途中で壊れることは体験したことないですね。

Blackviewが展開するシリーズ

公式サイトよりシリーズが以下のように展開されています。

シリーズ特徴
BVシリーズタフネス系で防塵防水、バッテリー大きい
Pシリーズ項目はあるが該当商品無し
Sシリーズ項目はあるが該当商品無し
Aシリーズコスパスマホ
Blackviewのシリーズと特徴

BVシリーズ

blackviewのBVシリーズ

ウリはタフネス系のBVシリーズでひと昔前のARROWSみたいな8角形のようなスマホです。

バッテリーが大きく、防水防塵対応のシリーズです。

最新のBlackviewにはトランシーバーまで付けちゃったようですね。

Pシリーズ、Sシリーズ

旧公式サイト(ストア?)にはシリーズがあるようですが、新しい公式サイトには存在しなくなりました。

PとSについては割愛です。開発の予定があったけどキャンセルになったみたいな話もありますが、真相は分からないですね。

ProシリーズとかSimpleシリーズとかそういう類だったんじゃないでしょうか。

Aシリーズ

blackviewのAシリーズ

おそらく大衆向けなのがコスパモンスターのAシリーズだと思われます。
Amazonで販売されているのをよく見ますが、性能の割にはめちゃくちゃ安く、性能ではなく価格重視の方には強くオススメです。

スマホっていうただの長方形のモノに十数万支払うなら、数か月おきに2~3万円のコスパスマホ買う方が良いと思うのは僕だけでしょうか。

わい

買い替えて使わなくなったいスマホはWi-Fiでゲーム用になってたり、子どものおもちゃになってます!

blackviewの最新機種はどれ?

公式サイトも途中で更新が止まっているようで、ぱっと見最新がわからないので、個人的に調査してみました。最新機種を判断するポイントは以下です。

最新機種を判断するポイント
  • Amazonで最新機種で並べてみる
  • 公式サイトのTOPページや並び順番を確認する
  • 名前の型番号から推測する

おそらく最新機種はA100シリーズかなと思います。

最もスペックも高く、ざっくり言うと一つ前だと思われるA80ではRAM/ROMの組み合わせが4GB/64GBと実用的と言える最低限のものしか持ていなかったですが、A100シリーズだと6GB/128GBと十分といえるスペック・性能を持ってます。

今からBlackviewを購入する方は、確実に「Blackview A100」を購入しておきましょう。

Amazonで購入できるBlackviewを比較

Amazonで今購入可能なBlackViewのAシリーズを比較してみます。今となってはA80やA70のスペックは物足りなく感じます。

スクロールできます
Blackview A100Blackview A80SBlackview A80 PlusBlackview A80 ProBlackview A80‎Blackview A70
青、緑、グレー、ピンク黒、青、赤黒、青黒、青、赤黒、青緑、赤、黒、青
OSAndroid 11
(Doke 2.0 OS)
Android 10Android 10Android 10Android 10Android 11
RAM6GB4GB4GB4GB2GB3GB
ROM128GB64GB64GB64GB16GB32GB
CPUMediaTek Helio P70MediaTek Helio A25MediaTek Helio A25MediaTek Helio P25MT6737V/W 4X Cortex-A53Unisoc SC9863A
ディスプレイ6.67インチFHD
+パンチングスクリーン
6.21インチ HD+IPS6.49インチ HD+IPS6.49インチ6.21インチ HD+IPS6.39インチ HD+IPS
解像度2400×10801520×7201520×7201520×7201520×7201520×720
バッテリー4,680mAh4,200mAh4,680mAh4,680 mAh4,200mAh5,380mAh
大きさ166.3 x 77.6 x 8.8mm157.6 x 76.3 x 8.8mm162.7 x 77.0 x 8.8 mm(記載なし)157.6 x 76.3 x 8.8mm165.3 x 77.5 x 8.3mm 
重量195g180g180g180g180g205g
周波数4GTDD:40
4G FDD:1/3/5/7/8/20
3G:1/8
4G TDD:40
4G FDD:1/3/7/8/20
3G:1/2/5/8
4G TDD:40
4G FDD:1/3/7/8/20
3G:1/2/5/8
4G TDD:40
4G FDD:1/3/7/8/20
3G:1/2/5/8
4G TDD:40
4G FDD:1/3/7/8/20
3G:1/2/5/8
4G FDD:1/3/7/8/20
4G TDD:40/41
3G 1/5/8
商品ページ商品ページへ商品ページへ商品ページへ商品ページへ商品ページへ商品ページへ
Blackviewの製品比較

近いうちにA110等の次の機種が販売される可能性もあるので、最新情報はショッピングサイトで確認してみてください。

対応バンド

多くのシリーズで4Gでは「1/3/5/7/8/20/40」のバンドに対応しているため、ドコモ回線、ソフトバンク回線で使用可能です。

band3に対応しているため、楽天モバイルでも使用できそうなのですが口コミなどを確認するとどうやら楽天モバイルでは使えないようです。

Blackview A100の評判・クチコミは?

ついでなので、最新機種のA100の評判・口コミを確認してみました。

評判・口コミ
  • 550ニトなので、輝度を最大にするとまぶしいくらい
  • このモデルを購入した理由は、0.03秒の超高速オートフォーカスと、秒間20連写のカメラ
  • Blackview A100のHelio P70はAnTuTu18万点超え(所持個体は21万点)
  • 1点だけ残念なのが、ドコモのBand19に対応していないこと(※1、3に対応しており普段使いには問題ない)
  • コスパは抜群
  • Blackviewはアフターサポートも良い
  • 12ヶ月の保証がついている
  • イヤホンジャックの穴が無い(使いたいときはType-Cから変換して使用する)
  • 5Gは使えない
  • Antutuベンチマーク結果は約22万点
  • OCNモバイルONEのSIMでは、設定で選ぶだけで即開通

A100の価格が2万円台と考えると、ベンチマークも約21万点もあるためコスパの高さがうかがえます。

特にカメラ周りはオートフォーカス・連射がとにかく速くこの製品のウリなのかもしれません。

本記事のまとめ

本記事ではAmazonや楽天市場で見かける激安スマートフォン「Blackview」の正体について調査してみました。

中華スマホと呼ばれる1つですがコスパの良いスマホだということが分かりました。

対応バンドを確認すると、ドコモ回線、ソフトバンク回線のSIMが使えるようなので、ahamoやLINEMOを入れて使ってみてはいかがでしょうか。

以上「Amazonで売ってるスマホBlackviewはどこの国メーカー?危険性はある?」でした!

▶ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

▶SIMフリースマホとは?2021年も余裕な今買うべきスマホを厳選しました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる