MENU

2022年最新、インスタの読み込みが重い時に確認すべき6つのこと

Instagramが重い。ずっと読み込み中で重いんだけど。

このような事象の際に確認すべき観点について解説します。

僕自身もInstagramを見ていると、いきなり突然画像の読み込みが遅くなったり、動作が重くなってしまったりといった事象が日々起きています。

わい

こんなときに僕が実施する確認事項について紹介していくので、ヒントや気づきになれば嬉しいです。

目次

インスタが重いときに確認すべき6つのことと対処方法

主な観点として、スマホ本体、アプリ、モバイルネットワーク、Wi-Fiネットワークそれぞれを確認していきましょう。

1.通信速度制限にかかっているか

周りの人は全く問題ないのに、自分だけInstagramが重たいといった事象の多くは、通信速度制限にかかっている可能性があります。

Instagramはかなり画像データを読み込むため、短時間の利用でも通信データ容量をかなり消費します。

そのため、閲覧するデータが多ければたった数時間で速度制限にかかってしまう場合があるので、利用データ量を確認してみましょう。

確認方法
  • 契約キャリアのマイページで確認
  • 「設定」→「アプリ」→「Instagram」→「モバイルデータとWi-Fi」で約1ヵ月のおおよその通信量が分かります。
  • 通信速度測定アプリで測定してみる

InstagramやTwitter、LINE等をよく使う方は、通信がカウントフリーになるNUROモバイルのNEOプランがおすすめです。

20GBありなおかつ上記SNSがカウントフリーとなるため、SNS利用者と相性がいいと最近話題の格安SIMです。

使用感や詳細についてはレビュー記事「評判のNUROモバイルの20GB新プラン「NEOプラン」が期待できる3つの理由 」をご覧ください。

2.モバイルデータ通信回線に障害が発生していないか

通信回線に障害が発生している場合、繋がりにくくなったり速度が遅くなったりといった事象を引き起こします。

そのため、通信障害が起きていないか確認してみましょう。

確認方法
  • Twitterなどでリアルタイムの声を拾ってみる(そもそも繋がらないかもしれませんが。)
  • Instagram以外の通信が正常にできるかどうか確認する。
  • https://downdetector.jp/で障害状況を確認する。

3.Wi-Fiの電波が弱くないか確認する

Wi-Fiに接続しているにもかかわらず重たい場合は、Wi-Fiの電波が弱い可能性があります。

Wi-Fiのアンテナピクトが最大であれば問題ありませんが、かなり小さい場合はWi-Fiに繋がっているがデータを送受信できるレベルになく、通信が始められない状態の可能性があります。

また、公衆Wi-Fi(フリーWi-Fi)に接続している場合、接続先によっては通信速度が全く出ないようなWi-Fiも存在しているので注意しましょう。

解決方法
  • Wi-Fiルータの近くに移動してみる
  • Wi-Fiを変えてみる

4.Instagramアプリが最新版かどうか

アプリが最新でない場合、最新版の動作に合うように挙動が修正されていたりするため、旧版では思わぬ不具合が生じる場合があります。

一般的にはアプリは自動更新されますが、タイミングによっては自動更新される前の時があります。そんな時は重たい事象が起きてしまうため注意しましょう。

アプリ更新方法
  1. 「Google Playストア」を開く
  2. 検索窓に「Instagram」と入力
  3. Instagramのページで「開く」ではなく「更新」と記載されていれば更新をタップして更新する

5.Instagramに障害が発生していないか

Instagramのサーバーに障害が発生していて、ユーザーの多くが重たいと感じることもあります。

この場合はこちらではどうしようも無いので、復旧するまで待つしかありません。

下記で障害状況を確認することが可能です。

▶https://downdetector.jp/shougai/instagram/

6.端末を再起動して解決するか

ネットワークもアプリも問題ない場合は、スマホ本体を再起動してみましょう。

スマートフォンも連続稼働していると何かしらのプロセスが影響して上手く通信できなくなってしまうといった事態を引き起こす可能性があります。

そのため再起動して事象が解決するか確認してみましょう。

Instagramはモバイルデータ通信量が多い

Instagramは写真がメインのため、テキストベースのTwitter等に比べると消費量が大きいです。

ゆえにInstagramは通信速度制限に引っかかりやすい原因の1つのアプリと言っても過言ではありません。

わい

いわゆるギガが重いってやつです。

僕がInstagramを5~30分間写真をメインに閲覧した場合の消費量が以下です。

5分閲覧約70MB(0.07GB)
10分閲覧約150MB(0.15GB)
15分閲覧約220MB(0.22GB)
30分閲覧約450MB(0.45GB)
Instagram閲覧時のデータ消費量

上記より、30分で大体500MBとしましょう。

もし契約しているデータ容量が5GBの場合、たったの30分間で約1/10も消費しているということになります。

そのため、自宅にいる時は無制限に使えるWi-Fi回線を利用したり、Instagramアプリ内での通信がカウントフリーになるようなキャリアと契約することをお勧めします。

そうしないとあっという間に通信制限となってしまうので気を付けましょう。

NUROモバイルの「NEOプラン」ならInstagramがカウントフリー

Instagramに加えてTwitter、LINEの通信量がノーカウントとなります。

Instagramについては下記の通信が対象です。一部対象外の通信もあります。

通信カウントフリー対象か
リール(Reels)対象
写真・動画の投稿対象
ストーリーの閲覧・投稿対象
ライブ動画の視聴・配信対象
IGTVの視聴・配信対象
ホーム(タイムライン)の表示対象
メッセージの表示・送受信対象
メッセージのビデオチャット・通話対象外
検索の利用対象
アクティビティ(お知らせ)の表示対象
プロフィールの表示・編集対象
設定の表示・編集対象
Instagram Liteの利用対象
Music Storiesの利用対象
他社サイトへの接続(URLなどをクリック)対象外

詳細や最新の情報はNUROモバイル公式サイトをご覧ください。

NUROモバイルの中でも「NEOプラン」が今回のカウントフリーの対象であり、別のプランである「バリュープラス」にはInstagramのカウントフリー機能が無いので注意してください。(LINEはカウントフリー対象となりました。)

工事不要でカンタン設置「ドコモ Home 5G」もおすすめ!

自宅に固定回線を引けない方や、配線工事が面倒という方にはhome 5Gがお勧めです。

通信速度制限が無く使い放題なWi-Fiルーターであるため、近年非常に人気のWi-Fi回線です。

こちらの正規代理店からの契約で15,000円の現金キャッシュバックがあり、当サイトでも非常に人気のホームルーターです。

詳細については「ドコモのhome5Gの登場で今までのエンジニアの常識がひっくり返った話」をご覧ください。

本記事のまとめ

本記事では、Instagramが重い時に確認すべき6つのこととそれらの対処法について紹介してきました。

Instagramが重い時に確認すべき6つのこと
  1. 通信速度制限にかかっているか
  2. モバイルデータ通信回線に障害が発生していないか
  3. Wi-Fiの電波が弱くないか確認する
  4. Instagramアプリが最新版かどうか
  5. Instagramに障害が発生していないか
  6. 端末を再起動して解決するか

これらをひとつずつ確認していけば、ほとんどの方は解決すると思います。

また、Instagramは画像ベースのアプリのため、データ通信量の消費が激しいがゆえにすぐに速度制限に引っかかってしまうアプリでもあります。そのため、もし速度制限が原因であれば、Wi-Fiに接続したり、カウントフリーがある格安SIMなどに乗り換えることをおすすめします。

特に、僕がアンバサダーを務めるNUROモバイルのNEOプランは、LINEやTwitter、Instagramがカウントフリーになるオプションが無料で付けられるため、SNS利用者にとっては非常に嬉しいのではないでしょうか。

▶NUROモバイルNEOプランの詳細はこちら(公式サイト)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる