LINEMOミニプランが実質6ヵ月間無料キャンペーン開催中!記事を見る

子どものスマホを格安SIMでLINEだけにする方法

「子どものスマホにはLINEだけで良い」「LINEだけできればいいや」という方が多いのではないでしょうか。

この方法だとあくまでLINEのみとなり電話番号を持たないため子どもが勝手に電話をして通話料が膨大になるというケースを未然に防ぐことが可能になります。

そして何より月額1,000円以下でスマホを持てるようにもなるので家計にもやさしくなります。

ただ、電話番号を用いた音声通話はできないため緊急連絡ができない点には注意しましょう。

目次

LINEしかできないスマホってあるの?

スマートフォン本体であれば必ず通話機能をもってしまうため「LINEしかできないスマホ」というのはありません。

しかし、SIMカードの機能として、”通話機能のないSIM”があるので、それを使ってもらえればOKです。

SIMカードの種類

SIMカードの種類についておさらいですが、機能で分けて大きく以下の3種類があります。

音声通話機能付きSIM 音声通話:
SMS:
データ通信:
SMS機能付きSIM 音声通話:×
SMS:
データ通信:
データ通信SIM 音声通話:×
SMS:×
データ通信:

今僕らがスマホに入れて使っているのは音声通話機能付きSIMです。

データ通信とは、インターネット(Twitter、Instagram、LINEなどを含みます)ができることを指します。

SMS機能付きSIMカードが適切

通話機能を持たないSIMを具体的に言うと、「①データ通信SIM」「②SMS機能付きSIM」というものがあります。

LINEは新規ユーザー登録する過程でSMS認証が必要になるので、②SMS機能付きSIMを利用しましょう。①データ通信SIMにすると認証ができずユーザー登録することができない点に注意しましょう。

 

そもそもSMS機能付きSIMって何?って方は「データ通信SIMと音声通話付SIMってなに?」こちらご覧ください。

SMS機能付きSIMのなら月額料金は1,000円以下になる

上記で説明した3つのSIMの価格は、音声通話機能付きSIMが最も高価格であり、データ通信SIMが最も低価格な傾向があります。

音声通話機能付きSIMとSMS機能付きSIMが同価格の格安SIM事業者もあります。

 

そのため、LINEだけしたいという目的で「SMS機能付きSIM」を選択することは、料金節約の面でもメリットがあると言えます。

LINEだけしたい時のおすすめの格安SIM(SMS機能付きSIM)

意外とSMS機能付きSIMを提供している会社が少ないので選択肢は以下の3社がおすすめです。

格安SIM
(SMS機能付き)
NUROモバイル IIJmio OCNモバイルONE
2GB 820円
3GB 792円 990円
4GB 970円
5GB 990円 1320円
8GB 1,470円
10GB 1,485円 1,760円

(IIJmioについて、4月から上記料金に改定となります。)

最も安くと考えると3GBで最も安いNUROモバイルなのかなと思います。

または4GBで970円、5GBで990円あたりがコスパが良いのではないでしょうか。

いずれにせよ、3~5GBであれば月額1,000円以下で持つことが可能です。

NUROモバイルの利点・メリット

利用開始月の支払金額は0円となります。

そのため、例えば3月10日に契約した場合は約20日間は無料で利用することが可能です。

 

そして、解約金も0円です。

やっぱり不要だな、NUROモバイル合わないな」という場合には0円で解約することが可能です。

気軽にお試しできるのが魅力的です。

▶NUROモバイルの詳細はこちら(公式サイト)

IIJmioの利点・メリット

端末のラインナップが豊富で、中古スマホ(美品)の販売も行っています。

2022年3月31日までの期間限定で、12ヵ月1GB増量キャンペーンを行っています。

▶IIJmioの詳細はこちら(公式サイト)

OCNモバイルONEの利点・メリット

端末を非常に安価で購入することが可能です。

新規契約の場合、新端末発売記念特価を狙うと新しい機種が激安価格で手に入ったりするので、端末もセットで購入する場合には魅力的な格安SIMです。

 

また、「MUSICカウントフリー」オプションが無料で使え、音楽アプリの利用がカウントフリーとなるため、音楽も聴きたいという方にもメリットがあります。

▶OCNモバイルONEの詳細はこちら(公式サイト)

データ量を消費すると速度制限にかかることに注意が必要

上記では価格を考慮してデータ容量が小さい低容量をオススメしていましたが、LINEで通話やメッセージを行うことで徐々に消費していきます。そのため、契約したデータ量を上回ってしまった時点で速度制限に引っかかることに注意しましょう。

速度制限にかかるとLINE通話・LINEビデオ通話は厳しくなります。(できなくはないけど遅延が大きくなったり音質が小さくなる可能性があります。)

LINEを常時快適に使いたいならLINEMOもおすすめできる

LINEMO_2

LINEMOは電話番号も付与されてしまうため、多くの方にとっては対象外になると思いますが、LINEMOもLINEするのであればおすすめです。

LINEMOはLINEがカウントフリーという唯一の特徴を持っています。これは、どれだけLINEをしてもデータ量を消費しないので、どれだけビデオ通話をしても写真・動画をダウンロードしても速度制限にかかりません。

 

3GBであれば990円で利用可能です。

▶LINEMOの詳細はこちら(公式サイト)

本記事のまとめ

子どもにスマホを持たせたいけど、勝手に通話して通話料が膨大になるのを防ぎたい」という場合には、通話が可能な電話番号が付与されないSMS機能付きSIMを契約するのがおすすめです。

特に、下記格安SIM事業者はSMS機能付きSIMがあり、さらに低価格で使えます。

NUROモバイル
SNS機能付きSIMが選択可。
3GB:792円または5GB:990円がおすすめ。
IIJmio
SNS機能付きSIMが選択可。
中古スマホ(美品)も購入可能。4GB:970円(4月より料金改定)
OCNモバイルONE
SNS機能付きSIMが選択可。
MUSICカウントフリーが無料で利用可能。
LINEMO
音声通話機能付きSIMのみしかない。
LINEがギガフリーで使い放題。速度制限にかからない。

▶格安SIM(MVNO)が安い理由と仕組み

▶小学生の子どもにスマートフォンを持たせるおすすめ格安SIMは?LINEだけの方法はある?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる