MENU

通信の最適化とは|メリット・デメリットについてわかりやすく解説

目次

通信の最適化とは

格安SIMを含む、利用している通信事業者によっては自動的に通信の最適化がされておりストリーミング再生時の読み込み速度があえて抑えられていたり、ダウンロードした画像・写真の画質が劣化していたりということがあります。

一言で「通信の最適化」と言っても様々な技術的な話があり、複数が絡み合って通信の最適化を実現しています。

例えば以下のようなものが「通信の最適化」を構成する要素としてあります。

通信最適化の技術的要素
  • 通信速度を調整する帯域制御
  • 通信データ量を減らすコンテンツ圧縮
  • 通信データの内容によって優先制御

最適化という名のとおり、近年5Gの普及も相まって爆発的に通信データトラフィックが増加してきましたが、通信回線の容量はそこまで大きく変わるものではなく、徐々にひっ迫してきており混雑している状況です。

混雑している状態だとユーザー全体の通信速度の低下を招くため、各通信事業者は、

  • 通信トラフィック全体を減らしたい!
  • 全利用者の通信速度を向上させたい!

という考えを軸にして、通信を最適化しようとしていました。

通信の最適化のメリット

一言で言ってしまうと通信の最適化により「スマホで快適に閲覧ができる」状態にしてくれています。

通信の最適化のメリット
  1. Web閲覧時のデータ量が節約できる
  2. ページの読み込み速度が向上する
  3. ストリーミング再生でもデータ量を節約できる
  4. データ量の節約が料金の節約に繋がる

通信の最適化のデメリット

通信の最適化のデメリット
  1. データの改変にあたる可能性
  2. 非可逆圧縮のため、ユーザー側で元に戻せない
  3. テザリングを使いPCでWEB閲覧をすると画質の劣化がわかる
  4. 一部コンテンツが利用不可になる可能性がある

通信の最適化(データ圧縮)は解除可能なところが多い

スマホで快適な閲覧ができ、回線ひっ迫時でもデータ量を減らしユーザー全体の通信速度を向上できるようになることから、通信の最適化の中でもデータ圧縮を実施しているキャリアもいくつかあります。(基本、ひっ迫時のみ最適化する)

下記に通信の最適化が取り入れられている通信事業者を記載しておきますので参考にしてください。(有無の確認とれたもののみ記載)

もし該当する方は、必要に応じて「通信の最適化」を解除しておきましょう。

通信の最適化(データ圧縮)の記載の確認できた通信事業者

一方で、au、ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOUQモバイルOCNモバイルONEIIJmioイオンモバイルは、現在は通信データの圧縮最を実施していないようです。

※他はまだ探せていないのと、もし記載を発見したり誤りがあった場合はお知らせください。

auは最適化されているとネット上に情報がありましたが、最近ではそのような記述が消えているっぽく、速度制限に変わったように見受けられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる