MENU

データ通信SIMと音声通話SIMの違いって何?

格安SIMを契約しようにも、そもそもデータ通信SIMと音声通話SIMってのがあって何がどう違うのかよくわからない人も多いと思います。

それらの違いについてご紹介する記事となっています。

本記事のターゲット
  • どのSIMカードと契約したらよいか分からない
  • 色々あるSIMカードの違いが知りたい
  • 子どもにオススメなSIMカードってどれ?

    これらの疑問を解決する記事となっています。

    目次

    そもそもSIMカードとは?

    SIMカードの種類

    スマホに入れるSIMカードというもの自体はご存じだと思います。SIMは“Subscriber Identity Module Card”の略です。そんなSIMはカード形状なことから「SIMカード」と呼ばれています。

    SIMカードには各キャリアへの加入者を識別するための情報が書き込まれています。購入したスマホの中に契約したSIMカードを挿入することで、通話やネット通信が可能になります。

     

    そんなSIMカードですが、今現在では大きく3つの種類

    • 音声通話SIM
    • データ通信SIM(SMS付き)
    • データSIM

    があります。

    基本的な違いとしては以下のポイントを押さえておけばOKです。

    音声通話SIM 発信用の電話番号を持っていて、通話かつデータ通信ができる。
    データ通信SIM
    (SMS付き)
    データ通信(インターネット)のみできる。発信用の電話番号を持っていない。
    データ通信SIM 音声通話SIMに比べ料金が安い(発信用の電話番号が付いていない分安い)。

      「スマホを乗り換えたい!」という方は音声通話SIMです。

      「タブレットや余ってるスマホも通信できるようにしたい!」という場合にはデータSIMです。

      SMS付きって何が嬉しいの?

      SMS付きデータSIMって何が嬉しい?

      上記で説明したデータ通信SIMにSMSが付いているとSMSの送受信が可能となるため、SMS認証が使えるようになります。

      例えば、近年のスマホには必須アプリとなっているLINEを使いたい場合は、SMS認証が必要になります。SMSが使えないデータ通信SIMはLINEに登録時の認証をすることができず、結果LINEを利用できません。

      そのため、子ども用スマホとして新しくSIMカードを契約する際は、音声通話SIMかデータSIM(SMS機能付き)のどちらかにしましょう。

       

      勝手に音声通話して莫大な料金が請求されることを防ぐため、小学生のお子さんへLINE利用がメインでスマホを持たせたいのであればデータ通信SIM(SMS付き)がおすすめです。

      ▶子どものスマホを格安SIMでLINEだけにする方法

      LINE以外にもSMS認証は結構なアプリで利用されており、Twitterや他にも電話番号と紐づけたい(つまり主に1人1アカウント)アプリなんかはSMS認証があるような傾向がありますね。

      SMS認証が必要な主なサービス一覧
      • メルカリ
      • Facebook
      • Twitter
      • Instagram
      • LINE
      • カカオトーク
      • PayPay
      • Uber Eatsなど

        どのSIMと契約するのがオススメなのか

        契約するならどれのSIMがおすすめ?

        ここまで、音声通話SIM、データSIM(SMS付き)、データSIMの3つのSIMの説明をしてきましたが、結局契約するのはどのSIMが良いのでしょうか。

        各特徴を再度まとめておきます。

        スマホ新規契約やMNP乗り換えの人は音声通話SIM!

        090、080、070~といった電話番号で発信が必要な人は間違いなく音声通話SIMが良いです。ひと昔前までは、スマホや携帯電話というと=音声通話SIMです。

        電話番号が付与され、通話も可能だしインターネットも可能です。

        中学生や高校生であれば、交友関係も広がってきますし、病院への電話や美容院への電話、塾への連絡等が必要になってくるので、電話番号はあった方が良いでしょう。

        基本的に”スマホを契約する”と言ったら音声通話SIMです。皆さんのスマホにも電話番号がありますよね。つまり音声通話SIMということです。

        音声通話SIMと書かれているサイトが多いので「音声通話のみ」かと勘違いされる方が結構多いのですが、音声通話もできるしインターネットもできます。

        LINEデビューしたい子ども向けにはデータSIM(SMS付き)!

        SMS認証があるアプリの利用ができるようになるので、LINEが使用したいという子どもに与える際はこれで良いのではないかと思います。

        音声通話SIMに比べると低価格な格安SIMが多いですし、勝手に電話発信されて高額請求…という心配は無くなります。

        ただしSMS(ショートメッセージ)の送りすぎには気をつけましょう。送信すると1通3円程度はかかってしまいます。

        僕の家族の話ですが、父親が会社から帰る時にSMSで母親に連絡してるという事実を知った時、ビビリました。1日1通だとしても余計な出費・・・。

        子供向けのデータ通信SIM(SMS付き)を扱っている格安SIMについては「小学生の子どもにスマートフォンを持たせるおすすめ格安SIMは?LINEだけの方法はある?」解説しているので参考にしてみてください。

        タブレットや自身の2台目スマホ、デュアルSIMにはデータSIM!

        インターネット通信のみが行えるSIMです。

        上記の音声通話SIMやデータSIM(SMS付き)よりも安く提供されるSIMなので、「1枚目のSIMとして音声通話SIM持ってるけど、契約データ通信容量が少ないので、データ通信SIMも追加したい」という場合の2枚目として活用できます。

        主にSIMスロットのあるiPadなどのタブレット等に挿入することで、いつでもどこでもインターネットができるようになります。

        実際僕も1枚目はOCNモバイルONEの音声通話SIMを使いつつ、2枚目に楽天モバイルを契約してデュアルSIM(スマホ1台にSIM2枚挿し)をしています。

        楽天モバイルは音声通話SIMのみの提供なのでデータSIMではないですが、データ通信のみ利用してるので使い方はデータSIMと変わりません。

         

        SIMカード2枚を1つのスマホに挿して利用するデュアルSIM構成についての詳細は「節約のカギを握るデュアルSIMとは何か?」をご覧ください。

        データSIM(SMS付き)でも通話したい場合は?

        データSIMであるため、電話番号での電話回線を活用した通話はできませんが、インターネット網を活用したIP電話であれば可能です。

        IP電話というと難しく聞こえますが、要するにLINE通話やSkype通話です。

        これらはインターネット回線を利用しているので、混雑している場合は音声に遅延が大きくなるのが欠点ですがインターネット速度が速い場合は比較的安定した音声通話が可能になります。

        逆に電話番号での通話には電話回線を利用しているため遅延はほとんどありません。回線は「遅延が少ない=品質が良い」ので、30秒/20円という金額が請求されます。

        発信可能な電話番号がないため、緊急電話や友人の090、080、070~の電話番号に発信することもできないし、相手からの通話を受話することも不可能です。

        まとめ

        本記事では全部で3種類のSIMカードの種類をご紹介してきました。

        3種類のSIMカード
        • 音声通話SIM
        • データ通信SIM(SMS付き)
        • データ通信SIM

          電話番号での通話発信、通話受信が必要な場合は音声通話SIMを選択しましょう。

          極力安くLINEだけ使えれば良いというような使い方をする場合はデータ通信SIM(SMS機能付き)がおすすめです。

          2台目やインターネットさえできればいいという場合はデータ通信SIMを選択しましょう。

          ▶格安SIMに初めて乗り換える人へ。初心者の方向けにおすすめ格安SIMを解説します

          ▶ネットワークエンジニアが教えるおすすめの格安SIM選び方ガイド

           

          よかったらシェアしてね!
          • URLをコピーしました!
          目次
          閉じる