ホーム » 記事(一覧) » コラム » はじめてのSIM » 【自腹企画2】話題(?)のWindows SIMフリースマホを買ってみた ー使ってみた(カメラ&One Drive編)ー

【自腹企画2】話題(?)のWindows SIMフリースマホを買ってみた ー使ってみた(カメラ&One Drive編)ー

こんにちは、SIMPEDIAの中の人(自腹企画担当)です。
今回こそ、KATANA02(以下、Windows Phone)を使ってみたレビューです。
ちょっと長くなりそうなので、何回かに分けて公開します。(決して、ひっぱているワケではないですよ!)

まずは、
 1.カメラ
 2.One Drive ※1
 ※1 One Driveは、Microsoftアカウントで使用できる無料オンライン ストレージのこと

次回以降では、
 3. Office
 4. テザリング
 5. メール
 6. facebook
 7. アプリ(LINE、ゲーム系、乗り換え案内)
 8. Edge(ブラウザ)

について(順不同)レビューします。


1.カメラ

まずは、Windows Phoneのカメラ性能を見てみましょう。
Windows PhoneとiPhone5Sの性能比較表(抜粋)は以下の通りです。


KATANA02(Windows Phone)
iPhone5s
バージョン Windows10 mobile
10.0 10586.107
iOS 9.2.1(13D15)
価格 19,800円(税抜) 64,800円(税抜)
※SIMフリーiPhone5s(32GB)の価格
メインカメラ 800万画素 iSightカメラ 8メガピクセル
サブ(イン)カメラ 200万画素 FaceTimeカメラ1.2メガピクセル
動画撮影 〇※ 1080p HDビデオ撮影(30fps)
フラッシュ 2灯フラッシュ True Toneフラッシュ
オートフォーカス 〇※
手ぶれ補正
タイマー 〇※
その他 顔検出
パノラマ撮影など

各公式サイトを参考に上記の比較表を作りましたが、Windows Phoneの方は、スペック詳細がざっくり(^^;
なので、※が付いている項目は、実際に使ってみて使えるものとなります。


写真撮影が下手な私が撮影した写真加工なし(但し、人物の顔は除く)の写真で、カメラの性能を比較してみます。 大体、同じアングルで撮影しましたが、多少のズレ(と写真のウデ)についてはご容赦ください。
※撮影が上手な人だと、もっときれいに撮れるはずです。


【室内】
■HDR ※1 OFF(その他設定はauto):Windows Phone(左)とiPhone5s(右)
※1 HDRとは、ハイダイナミックレンジ合成という通常の写真技より幅広いダイナミックレンジを表現するための写真技法のことで、肉眼で見たときの風景により近い写真になる画像合成のこと。

WP_auto_HDROFF.jpg i_auto_HDROFF.JPG

Windows PhoneとiPhone5sの写真の高さが異なるのは、もともとサイズが違う写真を横幅をそろえて縮小しているため。

上記の写真をクリックするとオリジナルサイズの写真を確認できます。(以下、同様)
上記のサムネイルでは、Windows Phoneの方が若干暗く見えますが、画質に大きな違いはないように見えます。


しかし、オリジナルサイズの写真で比較すると、差が出たように感じます。
Windows Phoneでは、びっぷる(BIGLOBEのロゴの名称)のストレスリリーサー(写真の被写体)の輪郭がぼやけているのに対し、iPhone5Sでは、びっぷるの資質感までもはっきりと映っています。



■HDR ON(その他設定はauto):Windows Phone(左)とiPhone5s(右)

WP_auto_HDRON.jpg i_auto_HDRON.JPG


HDRをONで撮影した写真は、HDRをOFFの状態と比較すると、Windows Phone、iPhoneともにやや明るく見えます。

次に、オリジナルサイズで比較します。
Windows Phoneはびっぷるの輪郭がややぼやけていますが、HDR OFFの写真より質感は感じられます。
iPhoneは、HDR OFFの写真より写真全体が明るいせいか、びっぷるのストレススリリーサーがより実物に近い色合いに見えます。



■HDR auto(その他設定はauto):iPhone

i_auto_HDRAuto.JPG

Windows PhoneにはHDR auto設定がないので、iPhone5sと比較はできません。
HDR ONとHDR autoの写真を比較すると、私の目には大差はないように見えます。強いて言うなら、このHDR autoの写真が一番実物に近い色合いに見えます。



【屋外(昼間)】
■HDR OFF(その他設定はauto):Windows Phone(左)とiPhone5s(右)

WP_HDR_OFF_hiruma.jpg i_HDR_OFF_hiruma.JPG

自然光の中では、サムネイルでも明らかな違いがあります。
Windows Phoneは全体的に白っぽく、iPhone5sはオレンジっぽい色合いです。

オリジナルサイズの写真で比較すると、両方とも写真の粗さが目立ちます。
特に、Windows Phoneの写真は空の色まで白くなってて、全体的にのっぺらとした印象を受けます。
iPhone5sの写真は、空の青、木の緑のコントラストがはっきりしているので、写真の粗さを若干カバーしているように見えます。


■HDR ON(その他設定はauto):Windows Phone(左)とiPhone5s(右)

WP_HDR_ON_hiruma.jpg i_HDR_ON_hiruma.JPG

HDR ONにすると、サムネイルでもWindows Phoneのカメラでも色味がはっきりしているのがわかります。 iPhone5sの写真は、サムネイルではHDR OFFの時と差がわかりません。

オリジナル写真で比較すると、Windows Phoneの写真はHDR OFFの時より全体のコントラストがはっきりしているので、写真の粗さは目立たない気がします。
iPhone5sの写真は、HDR OFFとやっぱり差がないように見えます。


■HDR auto(その他設定はauto):iPhone

i_HDR_AUTO_hiruma.JPG

HDR autoの写真もHDR OFF/HDR ONの写真と大差ないように見えます。
室内の写真同様、抜群の安定感といったところでしょうか。


【屋外(夜)】
■HDR OFF(その他設定はauto):Windows Phone(左)とiPhone5s(右)

WP_HDROFF_yoru.jpg I_HDROFF_yoru.JPG

Windows Phoneで撮影した屋外(夜)の写真もHDR OFFの場合は、サムネイルサイズ全体に白っぽく、ぼやけて見えます。
iPhone5sで撮影した写真は、コントラスがはっきりしていて、木などの輪郭もくっきり見えます。

オリジナルの写真を見てみると、Windows Phoneで撮影した写真はかなりボケボケです。FREETELの公式スペック表に記載がなかったとおり、手ぶれ補正機能はないのかもしれません。
iPhone5sで撮影した写真は、細かいところよく見るとぼやけていますが、Windows Phoneよりかなり鮮明です。


■HDR ON(その他設定はauto):Windows Phone(左)とiPhone5s(右)

WP_HDRON_yoru.jpg I_HDRON_yoru.JPG

HDR ONにすると、Windows Phoneで撮影した写真の白とびが改善していることがわかります。
iPhone5sの写真は、気のせいかもしれませんが、HDR ONの写真の方が若干明るく見えます。

オリジナルの写真を見てみると、Windows Phoneで撮影した写真は、お店の光が当たっている部分は白くぼやけていますが、HDR ONのにした方がより鮮明に見えます。
iPhone5sで撮影した写真は、HDR OFFの時とさほど変わらない画質に見えます。


■HDR auto(その他設定はauto):iPhone

I_HDRAUTO_yoru.JPG

屋外(夜)でiPhone5sで撮影した写真もHDR OFF/ON/AUTOの違いが私には全くわかりませんでした。


SIMPEDIAの中の人の結論:
Windows Phoneは、HDR ONの状態にしておくのがよさそう。
お手頃価格なので、(ハード的にもソフト的にも)カメラの性能はそこそこですが、手近なものの撮影はいいセンいってます。

iPhone5sは、HDRのON/OFF/AUTOのどのモードでもあまり差を感じなかったので、設定を気にする必要はなさそう。
さすがに高価なだけあって、どんなシーンでも綺麗に撮れます。

2.One Drive

Windows Phoneで撮影した写真は、本体もしくはMicroSDに保存することができますが、【自腹企画2】話題(?)のWindows SIMフリースマホを買ってみた ー設定編ーで設定したMicrosoftアカウントを使って、OneDriveに写真を保存します。


wp_OD1.png

ホーム画面で、①フォトを選択する。


wp_OD2.png

コレクション画面で、②を押す。


wp_OD3.png

③One Driveに保存したい写真を選択(複数選択可)し、④を押す。


wp_OD4.png

共有画面で、⑤One Driveを選択する。


wp_OD5.png

One Driveに遷移する。(この時に、自動でログインしていると思われます。)


wp_OD7.png

One Driveのファイル一覧画面に遷移したら、保存先を選択。
今回は、⑥Windows Phoneというディレクトリを選択し、⑦のチェックマークを選択する。


wp_OD7.png

③で選択した写真がアップロードされる。(サイズや枚数、回線速度により、数分程度かかる。)


wp_OD2.png

アップロードが完了すると、②のコレクション画面に遷移する。


SIMPEDIAの中の人の結論:
Widows PhoneからOne Driveへのアップロードは超カンタンで便利♪
MicroSDは必要なかったかも...と思うくらい。
使ってみたレビュー記事では、まだまだ画面キャプチャを撮るはずなので、大いに活用します。



次回もお楽しみに!


SIMPEDIA公式Twitter
ページトップへ戻る
ホーム » 記事(一覧) » コラム » はじめてのSIM » 【自腹企画2】話題(?)のWindows SIMフリースマホを買ってみた ー使ってみた(カメラ&One Drive編)ー