ホーム » 記事(一覧) » コラム » はじめてのSIM » 【自腹企画3】海外でSIM買ってみた(前編)

【自腹企画3】海外でSIM買ってみた(前編)

不定期更新、自腹企画担当@SIMPEDIAの中の人です。

今年の夏休みに海外(ポルトガル)へ遊びにいったので、自腹企画2で買ったSIMフリーのKatana02(以下、Windows Phone)に現地でSIMを買い、使ってみたので記事にします。

ポルトガルには、MEO、Vodafone Portugal、Optimus 3つのキャリアがあります。
各社プリペイドSIMで提供しており、旅行客でもパスポートの提示が不要で、空港や街中の携帯電話ショップで簡単に購入できます。


表1 ポルトガルの通信会社
MEO Vodafone Portugal NOS
特徴 ポルトガ国内でのシェアNO.1
エリアカバー率が3社の中でトップ
シェアはMEOについで2番目
ヨーロッパでは、割と強いキャリア会社
シェアは3番目
旅行者向けプランの有無 あり なし なし
※SIMPEDIAの中の中の人調べ


各社のWebサイトを見ても違いが良くわからなかったので、名前の知っているVodafone PortugalのデータSIMにしました。
15日間、15GBまで使えてお値段、なんと15€!!(付加価値税(IVA) 23%)含む。
2016年9月時点で、1€約110円なので、日本円で約1,650円ほど。


ちなみに、日本のキャリアのスマホを海外で使う場合、海外向けのパケット定額制のプランで最大2,980円/日かかります。


表2 海外パケット定額制料金表
docomo au softbank

20万パケット
(約24.4MB)まで

1,980円/日 1,980円/日

1,980円/日

※25MBまで

20万パケット以上 2,980円/日 2,980円/日

2,980円/日

※25MB以上

備考 申し込み不要


日本のキャリアが提供している海外パケット定額制1日分のおよそ半額で、旅行中の通信量と通信料の2つの心配がいらないなんて最高です。 SIMフリー端末さまさまです。

以下、3つの心配な点がありますが、突撃するのみです。

1. ちゃんと買えるか?(英語が怪しい・・・)
2. 購入予定のSIMがWindows Phoneの周波数帯を使えるか?
3. 設定できて使えるか?

SIMはAveiro(アヴェイロ)という街で買いました。(この辺↓)



お店の人に、SIMのサイズ(miniSIM、microSIM、nanoSIM)とプランを聞かれたと思います。
ここまでは英語だったのはなんとなく覚えていますが、頭の中が真っ白になった私を不憫におもったのか、その後のやり取りは、SIMの購入に付き合ってくれていた現地の知り合いがやってくださいました。
ですので、購入自体は問題なくできました。(というか、自分でやっていない・・・)
完全のPさんのおかげです。Muito obrigada!
自力だったら、買えてなかったかも知れません・・・。

受け取ったもの↓
jibara3-04.JPGのサムネイル画像 jibara3-05.JPGのサムネイル画像
①SIMカード(1枚ですべてのSIMに対応している)
②プリペイドのPINコードが書いてあるカード

jibara3-02.JPGのサムネイル画像 jibara3-06.JPGのサムネイル画像
ポルトガル語で書かれた文書。
何が書いてあるかぜんぜんわかりません。

jibara3-06.JPGのサムネイル画像 金額に15€と書いてあるので、これはたぶん領収書です。

jibara3-01.JPGのサムネイル画像 最後は、SIMを買ったときに領収書など入れてくれた紙袋。
割と普通なかんじです。

購入の際、本当にパスポートの提示と個人情報の記入は一切なしでした。

なにはともあれ、無事にSIMを手に入れることができました。
次回は、【自腹企画3】海外でSIM買ってみた(後編)です。




【自腹企画】
SIMPEDIAの中の人が格安SIMに乗り換えてみた ~下準備編~
SIMPEDIAの中の人が格安SIMに乗り換えてみた ~申込み編~
SIMPEDIAの中の人が格安SIMに乗り換えてみた ~設定・使用編~

【自腹企画】番外編
格安SIMにしてからLINEデビューしてみた!
docomo ID取ってLINEの年齢認証やってみた。



SIMPEDIA公式Twitter
ページトップへ戻る
ホーム » 記事(一覧) » コラム » はじめてのSIM » 【自腹企画3】海外でSIM買ってみた(前編)