ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ITmedia Mobile » 国内のデータ容量を海外でも使える ドコモの「パケットパック海外オプション」

国内のデータ容量を海外でも使える ドコモの「パケットパック海外オプション」

 NTTドコモは、3月15日に「パケットパック海外オプション」の提供を開始する。
 24時間980円(非課税、以下同)で、契約しているデータ定額サービスの容量を使って海外でもデータ通信ができる。「ドコモ海外利用」アプリから利用開始の操作をすると、24時間の利用データ量が国内のデータ定額サービスから消費され、24時間たつとデータ通信が自動で停止する。対象国と地域は205(渡航者カバー率99%)。
 対象のデータ定額サービスは、「カケホーダイ&パケあえる」の「パケットパック」と、「Xi向けパケット定額サービス」「FOMA向けパケット定額サービス」など。
 現在提供している24時間980円〜1580円の「海外1dayパケ」は、24時間で30MBしかデータ通信できないが、パケットパック海外オプションなら国内データ通信の容量がある限り利用できる。データ容量が上限に達した後も、追加オプションでチャージができる。同様のサービスは、auも「世界データ定額」(24時間980円)を提供している。
 海外1dayパケは3月14日に新規受け付けを終了するが、3月14日までに契約すれば、3月15日以降も継続して利用できる。





ドコモの「海外1dayパケ」を使おうとしてハマった話
ドコモの「海外1dayパケ」使いホーダイキャンペーンが2018年1月15日まで延長
auの「世界データ定額」、韓国で980円/24時間が無料になるキャンペーン
「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」の狙い
KDDI、契約プランのデータ容量を海外で消費できる「世界データ定額」8月開始

記事提供元 : ITmedia Mobile

SIMPEDIA公式Twitter
ページトップへ戻る
ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ITmedia Mobile » 国内のデータ容量を海外でも使える ドコモの「パケットパック海外オプション」