ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ITmedia Mobile » 総合ランキング、2018年初売りは「iPhone 8」がトップ3を占めるも「iPhone X」は急落

総合ランキング、2018年初売りは「iPhone 8」がトップ3を占めるも「iPhone X」は急落

 2018年最初の週(1月1日〜7日)、総合ランキングのトップはソフトバンクの「iPhone 8(64GB)」、2位はKDDI(au)「iPhone 8(64GB)」、3位NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」まで前回と同じ並びとなった。
 しかし、6位以下は大きく動いた。4位にはSIMロックフリーの「HUAWEI P10 lite」が入った他、6位のドコモ「AQUOS sense SH-01K」(前回12位)は初の総合ランキングトップ10入り。9位のソフトバンク「Xperia XZs 」(前回22位)も初の総合ランキングトップ10入りを果たした。前回トップ10に4つ入っていた「iPhone X」は、今回は何と10位のソフトバンク「iPhone X(256GB)」(前回4位)のみとなり、波乱の初売りになっている。
 ドコモのランキング、トップは4週連続で「iPhone 8(64GB)」。以下、トップ10の顔ぶれは前回と変わらないが、順位が少しずつ入れ替わっている。前回から1つ上げて2位となった「AQUOS sense SH-01K」は過去最高順位だ。4位には「Xperia XZ1 SO-01K」(前回6位)が「iPhone X」をかわして入っている。
 auのランキングは2018年になっても、トップ10の顔ぶれは変わらず、同じメンバーで7週目。1位の「iPhone 8(64GB)」は5連勝だが、2位には前回5位の「iPhone 7(32GB)」が入った。3位は前回と変わらず「iPhone 7(128GB)」、4位も前回と同じ「iPhone X(64GB)」、5位には前回から3つ順位を下げた「iPhone X(256GB)」が入っている。
 ソフトバンクのランキングも、他の2キャリアと同じく前回と同じ顔ぶれで順位だけが変動した。1位「iPhone 8(64GB)」は4週連続。2位には前回から3つ上げた「iPhone 7(32GB)」が入った。3位の「Xperia XZs 」も前回から3つ順位を上げたが、ソフトバンクのランキングで「iPhone 8」の発売以降、トップ3にiPhone勢以外が食い込むのはこれが初めてだ。
※この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。





総合ランキング、「iPhone X」再浮上もトップ3は各キャリアの「iPhone 8」が占める
いよいよ発表! 2017年を代表するスマホは……?
「機能」と「売れ筋」に変化 新たなトレンドが生まれた2017年のスマートフォン
「iPhone X」の便利ワザ:恋しい「ホームボタン」を“復活”させる方法
3キャリアから発売された「Xperia XZs」、最も安いのは?

記事提供元 : ITmedia Mobile

SIMPEDIA公式Twitter
ページトップへ戻る
ホーム » 記事(一覧) » ニュース » ITmedia Mobile » 総合ランキング、2018年初売りは「iPhone 8」がトップ3を占めるも「iPhone X」は急落